マカという精力剤について

マカという精力剤について

マカはアンデス高原に自生するアブラナ科の宿根性植物です。3000年以上前から栽培されていて、標高4000m以上のアンデス高地では伝承療法に使われてきました。現在のところペルーでは11種類が確認されていますが、その種類ごとに効果の差異は認められていません。
マカは多くの植物の根に存在するタンパク質や食物繊維、炭水化物などはもちろん含んでいます。それ以外にリノレン酸やパルミチン酸、オレイン酸、ポリフェノール、サポニン、タンニンなどが多く含有されています。
マカのおもな効果は強壮作用、男性機能回復、疲労回復、生理不順改善、不妊症改善です。
精力剤としては、マカを粉末にしてタブレットやカプセルに詰めたものやドリンク剤が売られています。さらに、冬虫夏草や亜鉛など他の強壮成分と一緒になったものも販売されています。
マカはすぐに効果が現れないため、8週間以上飲み続ける必要があります。一日に1500mgから3000mgを摂取するのが推奨されています。
マカの精力剤はサプリメントのため、副作用の表示義務はありませんが食物アレルギーなどの副作用があります。同じアブラナ科のキャベツやブロッコリーなどに食物アレルギー反応が出る人がマカを摂取すると、アレルギー反応が出ることがあります。アレルギー症状は、一般的な食物アレルギー症状と同様で、腹痛、下痢、嘔吐、かゆみ、じんましんなどです。アレルギー症状が出た場合は、摂取を中止し医師に相談するのがいいでしょう。